不貞・浮気離婚で高額慰謝料を請求するコツ!精神的苦痛の証明

不貞・浮気離婚で高額慰謝料を請求するコツ!精神的苦痛の証明

 

夫(妻)に不貞・浮気されて離婚になった。
慰謝料はもらえるだけ貰わないと気が済まない。

 

浮気で高額慰謝料

 

そもそも相手が悪いのにちょっとした罰だけで
次は浮気相手とのんきに暮らしていくなんて
絶対に許せないですよね。

 

 

当然、出来る限り大きな罰を与えたい。

 

 

しかも現実問題、離婚ともなれば
次の生活を始めるためにお金もかかるし、
専業主婦だったのなら仕事を見つけるのにも時間が掛かるので
その間の生活費としてもお金は欲しいもの。

 

 

こういった不貞・浮気の離婚では
高額慰謝料を請求するコツがあります。
そのコツを押さえれば相場以上の慰謝料を貰うことができます。

 

 

1.慰謝料とは精神的苦痛を癒すための損害賠償である

 

2.浮気で離婚する場合の慰謝料相場
 2−1.裁判での調停になった場合
 2−2.相手との話し合いで解決する場合

 

3.高額慰謝料請求戦略|精神的苦痛を増やし慰謝料を増額する

 

4.まとめ

 

 

 

 

1.慰謝料とは精神的苦痛を癒すための損害賠償である

 

まず、慰謝料というものがどういうものか知っておきましょう。
これを知ることでどういった理由で請求すれば
慰謝料が多くもらえるかがわかってきます。

 

 

慰謝料というと、

 

「離婚するなら貰えるんでしょ?」

 

と思っている人もいますがそうではありません。
離婚するから貰えるものではないのです。

 

 

では、どういうときにもらえるかというと、
精神的苦痛を被ったときにもらえるのです。

 

慰謝料は精神的苦痛

 

すなわち、

 

”慰謝料=精神的苦痛を癒すための損害賠償”

 

なんです。

 

 

より具体的な例を挙げると、

 

  • 浮気・不倫をされて精神的に追い詰められた
  • DV・モラハラで肉体的にも精神的にも追い詰められた
  • セックスレスで身体的に苦痛を味わった

 

などです。
これらによる精神的苦痛に対して慰謝料が支払われるのです。
離婚することに対して支払われるのではないので、
勘違いしないようにしましょう。

 

 

ただし、上記のようなことが原因で
夫婦生活の破たんや離婚に繋がったのなら
それを招いた責任は加味され慰謝料は増額されます。

 

 

 

 

2.浮気で離婚する場合の慰謝料相場

 

2−1.裁判での調停になった場合

裁判所

 

離婚したら生活費やら家やらが必要で
いくら慰謝料を多く貰いたいからと言って、
数千万円〜数億円なんて金額の請求はできません。

 

 

芸能人の離婚で物凄い金額が報道されたりしていますが、
あれは慰謝料だけではなく財産分与の金額も含めてです。
財産分与は収入が多くて財産が多ければ多いほど
金額も増えるので有名芸能人はああなるわけです。
一般人の収入・財産ではそうはならないのでご注意を。

 

 

じゃあ、現実的にいくらくらいなの?って話ですが、

 

”不貞・浮気離婚の慰謝料相場は200万円〜300万円”

 

です。

 

 

これは裁判にまでなった場合です。
婚姻期間や配偶者の収入などによって
結構ばらつきがあるので
あくまで目安だと考えてください。

 

 

 

2−2.相手との話し合いで解決する場合

話し合い

 

また裁判まで持ち込まずに
話し合いで解決する場合には別です。

 

 

不貞・浮気離婚の慰謝料の問題を裁判まで持ち込むと、
解決まで時間が掛かるし、世間的にバレる可能性もあります。
なので、問題の早期解決や世間体を守るために
話し合いで解決するケースは多いです。

 

 

話し合いの場合は慰謝料に相場はありません。
個人間で解決したプライベートの話は
なかなか表に出てこないのが実情だからです。

 

 

逆に、相場が無いということは
個人間で合意できればいくらでも可能ということです。

 

 

つまり、出来るだけ多くの慰謝料を貰いたいなら、
夫婦間の話し合いに持ち込むようするべきなのです。
そこで相手が反論できないような証拠や事実関係を見せれば、
裁判に持ち込まれても勝てないと考えるので
相場以上の金額で同意してくれる可能性は高くなります。

 

 

 

 

3.高額慰謝料請求戦略|精神的苦痛を増やし慰謝料を増額する

浮気の慰謝料増額ポイント

 

精神的苦痛を増やす、と言っても、
つらく苦しい想いをしろというワケではありません。

 

 

慰謝料は精神的苦痛を癒すためなので、
その量が多ければ多いほど金額も増えます。

 

 

なので、慰謝料をたっぷりもらうには
相手から多くの精神的苦痛を与えられた、
という証拠を集めたり事実関係を作ればいいのです。

 

 

真実を捻じ曲げることはできませんが、
事実関係を作ることはできるので、
割り切って精神的苦痛と認められることを増やしたり、
自分の落ち度を減らしていくことが
慰謝料増額に繋がります。

 

 

 

では慰謝料金額増減に関する具体的な項目はこちらです。
(増額ポイント!)の項目は
自分である程度コントロールできる慰謝料アップ項目です。

 

 

 

配偶者と浮気相手の年齢差

 

年齢差が大きい(配偶者の方が年齢が上)ほど増額される傾向です。
思慮分別に関する責任や浮気を主導したとみなされるためです。

 

 

 

婚姻期間

 

長ければ長いほど慰謝料は増額されます。
裁判になった場合の目安(イメージ)ですが、

 

  • 1年未満:100万円
  • 1〜3年:200万円
  • 3〜10年:300万円
  • 10年〜20年:400万円
  • 20年以上:500万円

 

のようになっていく傾向です。
浮気や不倫の内容によって金額は変わるので、
上記の数字はあくまで婚姻期間による
慰謝料増減のイメージだと思ってください。

 

 

 

浮気発覚前の夫婦関係・結婚生活(増額ポイント!)

 

浮気発覚前の結婚生活が家庭円満であれば、
浮気が家庭崩壊の原因だと判断されるので
慰謝料は増額されます。

 

 

逆に崩壊寸前であり結婚生活が実質成立していない場合は
両者に落ち度があるとされ減額される傾向にあります。

 

 

ここでの慰謝料増額のポイントは
相手のせいで結婚生活が壊れたと言えることです。

 

 

家庭円満だった場合は、

 

浮気発覚前は凄く幸せで温かい家庭だったのに
発覚後で相手の態度が変わり、自分も精神的に追い込まれ、
それによって家庭内がギクシャクし、
子供にも悪影響を及ぼしている。

 

というような感じです。

 

 

すでに家庭崩壊している場合も、

 

自分は結婚生活が幸せに維持できるように○○な努力をしたけど、
夫(妻)にはそれを無視、または暴言を吐かれ、
ないがしろにされてしまった・・・

 

という感じなら、
あなた自身は結婚生活を続けようと努力したのに
相手のせいですべてが壊れたと言えるので、
減額を防ぎ増額につなげることができます。

 

 

家庭内のことなので浮気現場の証拠のような
写真で明確に残すことはできませんが、
これをもっと具体的に
(日付や出来事に数字を入れると客観的に見て証明度が上がる)
記しておけると、説得性が増して
あなたの発言が相手の言い訳よりも信頼してもらえます。

 

 

 

自分自身の落ち度(増額ポイント!)

 

家事や育児をしない・セックスレスなど
夫(妻)が浮気するような原因が
自分自身にある場合、慰謝料が減額されます。

 

 

お互い、精神的苦痛を与えているよねって判断になり、
その度合いが考慮されて減額されるイメージです。

 

 

慰謝料が減額されないためには
今からでもいいので自分の落ち度がないように改めましょう。
浮気の証拠を撮るまでの間だとしても
今からでも落ち度を改善していれば、
改善の努力を認められ減額を防ぐことができます。

 

 

 

浮気相手が結婚していることを知っているかどうか

 

浮気相手が夫(妻)を既婚者だと知っていると増額になります。
家庭を壊す、もしくは壊す可能性があることを
わかっていながら浮気していたことが悪質とみられるからです。

 

 

 

不貞・浮気の頻度・期間(増額ポイント!)

 

長期間・複数回に渡り不貞行為を繰り返していた場合は
悪質のためかなりの増額になります。
複数回行われている明確な写真等の証拠があれば、
より事実関係がはっきりし裁判でも有利になります。

 

 

逆に、不貞行為が1回だけとかキスや食事だけの場合、
離婚に繋がる浮気として認められないため、
慰謝料が貰えたとしても非常に低額になります。

 

 

不貞行為がなくとも
裏切られたり悲しみなどといった精神的苦痛は大きいのですが、
程度の問題を考えるとこうなってしまうのが現実です。

 

 

ただ、浮気とは言えもう立派な大人の恋愛です。
キスやハグだけ、食事だけで終わるでしょうか?

 

 

個人的にはそれだけで済むとは思えません。
しかも家庭が壊れるというリスクを背負いながら浮気できる人が
その程度で済ませて満足できるでしょうか?

 

 

なので、仮にメールをみて
それだけでは肉体関係がハッキリしなかったとしても、
不貞行為をしている可能性は非常に高いです。

 

 

慰謝料をガッツリもらって仕返ししたいなら
ラブホテルや相手の家への出入りなどの
不貞行為の証拠となる写真を確保して、
浮気が複数回にわかって行われていることを証明しましょう。

 

 

仮に一度は直接話し合っており、
そこではキスや食事までしか認めなかった場合、
肉体関係さえ認めなければ大丈夫と
わかっている可能性があります。

 

 

その場合、それをいいことにまた浮気を繰り返して
結局肉体関係もあることがほとんどなので、
しっかりと調査して不貞行為を証明しましょう。

 

 

話し合ったのにまだ浮気が続いていそうなときは特にです。

 

当サイト限定!浮気調査の基本料金50%OFF!

原一探偵事務所

 

 

 

不貞・浮気を絶対に認めない(増額ポイント!)

 

明らかに浮気していた証拠があるのに、
それを長期間認めない場合、
あなたの心情を踏みにじったとして
慰謝料が増額になるケースがあります。

 

 

個人間での話し合いではこの項目は難しいですが、
弁護士が付いた話し合いや裁判での調停では
これが考慮されるケースがあるので、
あまりに認めない場合は増額の検討してみましょう。

 

 

 

浮気をしない約束を破られた(増額ポイント!)

 

過去に一度浮気し、
そのときにもう二度としないと約束していたのに、
約束を破って浮気した場合は増額になります。

 

 

悪質で反省していないと判断されるので、
比較的大きな増額です。

 

 

特に書面や音声などにそれが残っていると、
誰が見ても明らかな証拠となるので大きいです。

 

 

過去の約束の証拠、今の浮気の証拠、
この2つが揃ったらかなり強力です。

 

 

 

浮気相手を妊娠させる・妻が浮気相手の子を妊娠する

 

ここまで来たら本当に最悪ですよね。
私なら頭がおかしくなり発狂してしまうと思います。

 

 

そのぐらい強烈に大きなショックと精神的苦痛が
世間一般的にも認められるので、
このケースは非常に慰謝料が高額になります。

 

 

もしこういった事実がわかったら、
ショックですが割り切って
慰謝料の大幅アップを目指しましょう。

 

 

 

精神疾患の発症(増額ポイント!)

 

うつ病や拒食症状など、
相手の浮気発覚のショックで引き起こされた精神疾患は
診断書等の証拠があると増額の要因になります。

 

 

ほんの少しでも何らかの症状があれば、
一度精神科等に通院して診断してもらい、
診断書を貰っておくようにしましょう。

 

 

最近の世の中は
仕事による鬱などストレスによる精神疾患が多く、
何か訴えるとすぐにストレスが原因の●●と診断されるので
診断書は貰いやすいです。

 

 

そのストレスは浮気によって引き起こされたということです。

 

 

 

子供がいるかどうか

 

子供がいる場合、
大人と同様にショックを受けることが考慮され、
その精神的苦痛の分も慰謝料が増額されます。

 

 

子供の年齢によって影響度は違うので
(小学生と青年間近の子供では考えられる範囲が違いますよね)
その辺も考慮されます。

 

 

 

夫(妻)とその浮気相手の収入

 

相手(この場合は配偶者と浮気相手の2人)の収入や資産が
高ければ高いほど慰謝料も高額を要求できます。

 

 

 

以上の項目が浮気離婚の慰謝料を決める要素です。

 

 

 

 

4.まとめ

 

不倫・浮気離婚の高額慰謝料請求ポイントは
どれだけ精神的苦痛が大きかったか証明することです。

 

 

今からでも対策ができますので、
慰謝料をガッツリ貰うためにも
証拠確保や自己行為の改善をしておきましょう。

 

 

ともあれ、浮気の証拠の確保が一番先です。
まだ裁判でも圧倒的に有利になる証拠がない場合は
すぐにプロに依頼して確保しましょう。

 

 

 

 

>>>不倫・家出・嫌がらせを有利に解決!人生を取り戻す自己防衛手段!TOPへ戻る

【当サイト限定!調査基本料金50%OFF!】



誠実対応で安心!明瞭会計で安心!確実な調査で安心!


3つの安心で依頼者を心から軽くしてくれる。

探偵なら原一探偵事務所がオススメ。


浮気調査・嫌がらせ・人探しなど

人間関係に関するトラブルや調査に対応可能。


電話・メールによる無料相談も可能で、

特別な業務提携により当サイトからお申込み限定で、

調査の基本料金50%OFFです。


あなたの未来が再び輝きを取り戻すためにも

↓↓まずは無料相談から始めてみてください↓↓


原一探偵事務所