差出人不明の手紙が投函される嫌がらせに対策する方法

差出人不明の手紙が投函される嫌がらせに対策する方法

 

気味が悪くて夜も安心して眠れない・・

精神的におかしくなる前に

差出人不明の手紙の嫌がらせをやめさせ、

いつもの日常を取り戻しましょう。

 

 

最近、嫌がらせの差出人不明の手紙が来るようになってしまった、
という相談は多く寄せられます。
手紙の中身は身も蓋もないでっち上げの中傷ばかりで、
最初は無視していただものの、
だんだんと気味が悪くなって
怖さを感じることが多いと思います。

 

 

自分の身元をハッキリさせずに、
一方的に相手を誹謗中傷するのは最低な行為ですよね。

 

 

そんな最低な行為に対して、
恐怖とストレスを感じたまま泣き寝入りしてはいけません。
嫌がらせは対策しないとどんどんエスカレートするので、
後で直接的な被害を受けてからでは遅いのです。

 

 

あなたは何も悪くありません。
なので、躊躇なく毅然とした態度で対策しましょう。

 

 

差出人不明の手紙でも
相手を特定しやめさせることは十分可能です。

 

 

 

1.警察に相談しても相手にしてもらえないのがオチ

 

2.プロに調査を依頼して犯人の特定をし証拠を突き出す
 2−1.消印が無く直接犯人が投函した差出人不明の手紙の場合
 2−2.普通の郵便物として配達された差出人不明の手紙の場合
 2−3.プロに依頼するとお金がかかるという心配は無用

 

3.まとめ

 

 

 

1.警察に相談しても相手にしてもらえないのがオチ

 

嫌がらせで差出人不明の手紙の手紙が届いたとき、
最初に相談先として思いつくのは警察だと思います。

 

 

ですが、警察に相談してもほとんど相手をしてもらえません。

 

 

多くの場合、

 

「直接被害がなく手紙だけならもう少し様子を見て」

 

と言われてしまいます。

 

 

というのも、警察は実際に犯罪が起きてから、
または起きるであろう証拠が明確になっている状態でないと、
優先して捜査してくれないからです。

 

 

警察は民事不介入ということもありますし、
日々たくさんの事件が起こっており、
その中で優先度を決めていかなければいけないのは仕方ないのです。

 

 

なので、嫌がらせの手紙対策では
あまり警察を頼りにしない方がいいでしょう。

 

 

 

 

2.プロに調査を依頼して犯人の特定をし証拠を突き出す

 

警察がダメならどう対策すればいいのか。
答えは探偵事務所などプロに調査を依頼することです。

 

当サイト限定!嫌がらせ調査の基本料金50%OFF!

イタズラ・嫌がらせ

 

 

 

2−1.消印が無く直接犯人が投函した差出人不明の手紙の場合

 

消印が無いということは、
犯人が直接あなたの家の郵便受けまで来て投函しているので、
投函している瞬間を押さえれば、逃れられない証拠になります。

 

 

とはいえ、仕事や家事をしなければいけないし、
夜だってずっと起きて自分で張り込んでいるわけにはいかないので、
探偵に依頼して張り込んでもらい、
証拠となる犯行時の写真を撮ってもらうのが効率的です。

 

 

また、探偵に依頼していれば、
犯行現場を見たらそのまま犯人を追跡し、
犯人の自宅や身元の特定までやってくれます。

 

 

それによりその後の話し合いや慰謝料請求が
スムーズに進めることができます。

 

 

自分で証拠写真を押さえても
相手の身元や家がわからないと
その後対策できなくなるので、
初めからプロに依頼した方が無難です。

 

 

 

 

2−2.普通の郵便物として配達された差出人不明の手紙の場合

 

手紙が手書きの場合は筆跡鑑定をし、
パソコンで書かれているものは指紋鑑定をして
犯人を絞っていきます。

 

 

このレベルになると素人では絶対に無理なので、
探偵か鑑定サービス会社に依頼して突き止めるしかありません。

 

 

鑑定サービス会社は調べて終わりがほとんどですが、
探偵さんは解決までのアフターフォローをしてくれるので
安心してお任せできます。

 

 

 

 

2−3.プロに依頼するとお金がかかるという心配は無用

 

「探偵事務所に調査を依頼するとお金がかかりそう・・・」

 

という心配があるかもしれません。

 

 

でも、大丈夫です。

 

 

あなたは何も悪くないのに精神的苦痛を受けています。
悪いのは犯人です。

 

 

なので、調査をして犯人がわかったら、
慰謝料請求をして調査費用を埋め合わせればいいのです。

 

 

犯人が嫌がらせの手紙さえ出さなければ、
調査も必要なかったし精神的苦痛もなかったと言えるので
何も問題なく請求することができます。

 

 

また、差出人不明の手紙での嫌がらせがずっと続き、
精神的におかしくなったり、それにより夫婦関係が悪くなったり、
仕事・職場に悪影響を及ぼしたりしてからでは遅いですし、
もう、お金の問題ではなくなってきます。

 

 

後から、「やっぱり調査しておけばよかった・・・」と
後悔しても遅いのです。

 

 

今すぐ調査を依頼して嫌がらせを早く止めさせましょう。

 

 

 

 

3.まとめ

 

嫌がらせで差出人不明の手紙が来る時の対策としては、

 

  • 1.プロに依頼して証拠を確保し犯人特定する
  • 2.犯人との話し合い・警察と相談して止めさせる

 

の2つの手順で解決することができます。
必要であればさらに3つ目で慰謝料請求していきます。

 

 

これらは1人で全部やるのは難しいです。
探偵事務所であれば

 

  • 証拠集め
  • 犯人の特定(名前や住所)
  • 嫌がらせへの対策(警察と協力してor話し合い)
  • 賠償金請求アドバイス・弁護士の紹介

 

まであなたが困らないように細かくフォローしてくれます。

 

 

依頼前の相談は無料でしてくれるので、
まずはメール等で相談するところからスタートしましょう。

 

 

 

 

>>>不倫・家出・嫌がらせを有利に解決!人生を取り戻す自己防衛手段!TOPへ戻る

【当サイト限定!調査基本料金50%OFF!】



誠実対応で安心!明瞭会計で安心!確実な調査で安心!


3つの安心で依頼者を心から軽くしてくれる。

探偵なら原一探偵事務所がオススメ。


浮気調査・嫌がらせ・人探しなど

人間関係に関するトラブルや調査に対応可能。


電話・メールによる無料相談も可能で、

特別な業務提携により当サイトからお申込み限定で、

調査の基本料金50%OFFです。


あなたの未来が再び輝きを取り戻すためにも

↓↓まずは無料相談から始めてみてください↓↓


原一探偵事務所


関連ページ

嫌がらせの無料相談オススメ窓口!優しい専門員が個別に対応!
優しい専門員が個別に対応してくれ、嫌がらせやイタズラを解決に導くアドバイスをくれる無料相談窓口があります。嫌がらせやイタズラを受けてしまった時に絶対に1人で悩んではいけません。
嫌がらせでの精神的苦痛に慰謝料請求は可能!方法と手順
嫌がらせで受けた精神的苦痛に対しては正しい手順を踏めば慰謝料を請求することが可能!泣き寝入りせずに対策すべきです。あなたに非はないのに嫌がらせされ、黙ったままではいられないと思うのは当然です。
嫌がらせの証拠がないけど犯人はあの人。状態を解決する方法!
嫌がらせの証拠がないけど犯人はあの人。状態を解決する方法をまとめました。こんな時に解決に導く方法はただ1つ。証拠を集めること。確実にスムーズに証拠を集める方法があります。
嫌がらせで車のタイヤがパンクした!犯人特定と修理費請求方法
嫌がらせで車のタイヤがパンクさせられたときの犯人特定と修理費請求方法をまとめました。車のタイヤのパンクの嫌がらせは何度も繰り返されるのが特徴です。再犯を防ぐためにも早期に犯人を捕まえ修理費も負担してもらいましょう。
車に傷の嫌がらせ!犯人を捕まえ、修理費・慰謝料を貰う方法
車に傷の嫌がらせの犯人を捕まえ、修理費・慰謝料を貰う方法をまとめました。車を傷をつけられるかどうか心配する毎日も息苦しいですよね。泣き寝入りせずに犯人を捕まえて安心した生活を取り戻しましょう。
嫌がらせを訴える方法!息苦しい日常から解放されるために
嫌がらせを訴える方法をまとめました。嫌がらせは放っておくとエスカレートしてしまいます。我慢続きの息苦しい毎日から解放され、平穏な生活を送れるようにしっかり対策しましょう。
嫌がらせの相手が誰かわからない場合の犯人探しテクニック3選
嫌がらせの相手が誰かわからない場合の犯人探しテクニック3選をまとめました。身に覚えがないのに急に嫌がらせを受けるのは不安やストレスで一杯で恐ろしくて仕方ないですよね。でも相手が誰河原かない嫌がらせでも犯人探しして解決できます。
悪質な嫌がらせ撃退方法|負けずに対処し乗り越えるコツ!
悪質な嫌がらせ撃退方法をまとめました。どんなに悪質な嫌がらせも撃退し乗り越える方法があります。不法行為に負けずに対処するコツとは。
隣人からの嫌がらせ対策|調査⇒証拠確保⇒解決⇒平穏な生活へ
隣人からの嫌がらせ対策をまとめました。世間話するほど関係が良好だった隣人が、いつからか悪質な嫌がらせをしてくるように・・・嫌がらせ調査をし証拠確保することが早期解決し、平穏で安心できる生活を取り戻すことに繋がります。