嫌がらせでの精神的苦痛に慰謝料請求は可能!方法と手順

嫌がらせでの精神的苦痛に慰謝料請求は可能!方法と手順

 

嫌がらせで受けた精神的苦痛に対しては

正しい手順を踏めば慰謝料を請求することが可能!

泣き寝入りせずに対策すべきです。

 

 

嫌がらせを受けてしまい、
警察に相談しても対応してくれず、
行為はどんどんエスカレート。
毎日ストレスが大きくなり、
もう精神的におかしくなってしまいそう・・・

 

 

とにかく嫌がらせをやめさせたいが、
それだけでは気がおさまらず、
慰謝料請求までしたい、と思うこともあるでしょう。

 

 

実際、可能です。

 

 

嫌がらせと言えば、

 

  • パワハラ・セクハラ・待遇や賃金の差別、退職強要等の職場のいじめ
  • 隣人の騒音・騒音や悪臭、日照や眺望の妨害
  • 元交際相手・前妻・元旦那などからの迷惑行為
  • 脅迫電話・無言電話・勝手な注文
  • 不気味な手紙・郵便物を漁られる

 

など様々なものがありますが、
どんな事象であれ慰謝料請求することは可能です。

 

 

あなたに非はないのに嫌がらせされ、
黙ったままではいられないと思うのは当然です。
ただし、物理的な仕返しやそのまま嫌がらせをやり返すと
あなたが捕まる可能性もあるのでそれは辞めておきましょう。

 

 

法律で許された慰謝料請求で仕返しすべきです。

 

 

 

1.嫌がらせで慰謝料請求できる理由

 

2.嫌がらせに対して警察が動いてくれない理由

 

3.嫌がらせがあった事実を立証できる証拠を確保する

 

4.証拠を確保したら慰謝料請求を行う

 

5.まとめ

 

 

 

1.嫌がらせで慰謝料請求できる理由

 

嫌がらせで慰謝料請求できるの?って
思っている方も多いと思います。

 

 

慰謝料というと犯罪を起こした場合でないと
請求できないと思われがちですが、そうではありません。

 

 

慰謝料は不法行為によって受けた精神的苦痛に対して
それを埋めるために支払われるものです。
嫌がらせは名誉棄損・器物破損・プライバシーの侵害など
立派な不法行為ですから、請求することができるのです。

 

 

より具体的には

 

  • 精神的苦痛に対しては慰謝料
  • 病気になったり日常生活・仕事に支障が出た部分は損害賠償

 

を請求することができるんです。

 

 

ただ、慰謝料や損害賠償を請求する場合には
嫌がらせがあった証拠と相手が誰かわかっている必要があります。

 

 

 

 

2.嫌がらせに対して警察が動いてくれない理由

 

嫌がらせが起きると
最初に相談するのが警察だと思います。

 

 

ですが、警察は嫌がらせを受けたというだけでは動いてくれません。
見回りの強化くらいはしてくれるかもしれませんが、
多くの場合は当事者同士で解決しなさい、と言われてしまうのです。

 

 

なぜかというと、
警察は犯罪が起きてから動くものであり、
嫌がらせも実際に受けている証拠がなければ動けないからです。
犯罪・不法行為が確認できれば動いてくれますが、
そのための証拠集めには協力してくれないので注意しましょう。

 

 

警察は民事不介入ですから仕方ないんです。

 

 

 

 

3.嫌がらせがあった事実を立証できる証拠を確保する

 

嫌がらせに対して慰謝料や損害賠償を請求したり、
やめさせるために警察を動かしたりのに、
どうしても必要になるのが

 

”嫌がらせがあった事実を立証できる証拠”

 

です。

 

 

具体的には嫌がらせをしている最中の写真や
電話でのイタズラなら音声を集めたものなどです。

 

 

これを自分で証拠集めするか、
探偵などのプロに依頼して撮ってもらうかする必要があります。

 

 

職場内のクローズな場所での嫌がらせや
迷惑電話の場合は自分で音声をとるしかありません。
ボイスレコーダー等で録音し証拠を集めましょう。

 

 

家のポストをいじられたり、
ペットや所有物を傷つけられたりする場合は、
犯行中の写真を撮っておくのがベストです。
顔もハッキリ映っていると犯人は言い逃れできないし、
どこに出しても証拠として認められるのでかなり有効です。

 

 

こういった証拠写真は探偵に頼むのが確実でオススメです。

 

当サイト限定!嫌がらせ調査の基本料金50%OFF!

イタズラ・嫌がらせ

 

 

 

 

4.証拠を確保したら慰謝料請求を行う

 

嫌がらせによって精神的苦痛を受けたという証拠が確保できたら、
あとは話し合いに持ち込んで慰謝料を請求します。

 

 

証拠があるからといって
自分一人で話し合いをするのは心細いと思うので、
弁護士などの専門家からアドバイスを貰いながら、
話し合いを進めていくと安心です。
同席してもらうことも可能なので相談してみると良いでしょう。

 

 

話し合いをするときには
慰謝料の支払いに法的な効力を持たせるように
書類をしっかり作っておくことが大切です。
これで後から言い逃れもできなくなります。

 

 

 

 

5.まとめ

 

嫌がらせと精神的苦痛の因果関係を証明できる証拠さえあれば、
慰謝料請求することも警察に突き出すこともできるので、
まずは証拠の確保に全力を注ぎましょう。

 

 

証拠の確保はプロの探偵に依頼するのがオススメです。
弁護士と提携しているところだと、
証拠確保した後の話し合いについてもアドバイスしてくれますので
安心して対処していくことができます。

 

 

また、金額面が気になるかもしれませんが、
安くなる方法を聞いたり、先に予算を伝えれば、
それについても優しくアドバイスしてくれるし
対応してくれるので大丈夫です。

 

 

依頼前の内容なお金に関する相談は無料でしてくれるので、
まずはメール等で相談してみるところからスタートするのが、
賢いやり方です。

 

 

 

 

>>>不倫・家出・嫌がらせを有利に解決!人生を取り戻す自己防衛手段!TOPへ戻る

【当サイト限定!調査基本料金50%OFF!】



誠実対応で安心!明瞭会計で安心!確実な調査で安心!


3つの安心で依頼者を心から軽くしてくれる。

探偵なら原一探偵事務所がオススメ。


浮気調査・嫌がらせ・人探しなど

人間関係に関するトラブルや調査に対応可能。


電話・メールによる無料相談も可能で、

特別な業務提携により当サイトからお申込み限定で、

調査の基本料金50%OFFです。


あなたの未来が再び輝きを取り戻すためにも

↓↓まずは無料相談から始めてみてください↓↓


原一探偵事務所


関連ページ

嫌がらせの無料相談オススメ窓口!優しい専門員が個別に対応!
優しい専門員が個別に対応してくれ、嫌がらせやイタズラを解決に導くアドバイスをくれる無料相談窓口があります。嫌がらせやイタズラを受けてしまった時に絶対に1人で悩んではいけません。
差出人不明の手紙が投函される嫌がらせに対策する方法
最近、嫌がらせの差出人不明の手紙が来るようになってしまった、という相談は多く寄せられます。恐怖とストレスを感じたまま泣き寝入りしてはいけません。躊躇なく毅然とした態度で対策しましょう。差出人不明の手紙でも相手を特定しやめさせることは十分可能です。
嫌がらせの証拠がないけど犯人はあの人。状態を解決する方法!
嫌がらせの証拠がないけど犯人はあの人。状態を解決する方法をまとめました。こんな時に解決に導く方法はただ1つ。証拠を集めること。確実にスムーズに証拠を集める方法があります。
嫌がらせで車のタイヤがパンクした!犯人特定と修理費請求方法
嫌がらせで車のタイヤがパンクさせられたときの犯人特定と修理費請求方法をまとめました。車のタイヤのパンクの嫌がらせは何度も繰り返されるのが特徴です。再犯を防ぐためにも早期に犯人を捕まえ修理費も負担してもらいましょう。
車に傷の嫌がらせ!犯人を捕まえ、修理費・慰謝料を貰う方法
車に傷の嫌がらせの犯人を捕まえ、修理費・慰謝料を貰う方法をまとめました。車を傷をつけられるかどうか心配する毎日も息苦しいですよね。泣き寝入りせずに犯人を捕まえて安心した生活を取り戻しましょう。
嫌がらせを訴える方法!息苦しい日常から解放されるために
嫌がらせを訴える方法をまとめました。嫌がらせは放っておくとエスカレートしてしまいます。我慢続きの息苦しい毎日から解放され、平穏な生活を送れるようにしっかり対策しましょう。
嫌がらせの相手が誰かわからない場合の犯人探しテクニック3選
嫌がらせの相手が誰かわからない場合の犯人探しテクニック3選をまとめました。身に覚えがないのに急に嫌がらせを受けるのは不安やストレスで一杯で恐ろしくて仕方ないですよね。でも相手が誰河原かない嫌がらせでも犯人探しして解決できます。
悪質な嫌がらせ撃退方法|負けずに対処し乗り越えるコツ!
悪質な嫌がらせ撃退方法をまとめました。どんなに悪質な嫌がらせも撃退し乗り越える方法があります。不法行為に負けずに対処するコツとは。
隣人からの嫌がらせ対策|調査⇒証拠確保⇒解決⇒平穏な生活へ
隣人からの嫌がらせ対策をまとめました。世間話するほど関係が良好だった隣人が、いつからか悪質な嫌がらせをしてくるように・・・嫌がらせ調査をし証拠確保することが早期解決し、平穏で安心できる生活を取り戻すことに繋がります。